事業紹介

下村工業は刃物メーカーとしての高品質なモノづくりはもちろん、ユーザーの視点に立った商品開発、
グループ企業との連携を活かした視野の広い事業を展開しています。

  • 産業用精密刃物からキッチン用品まで、分野・業界を問わず高品質な刃物製品を製造。中でもピーラーなど幾つかの商品カテゴリーにおいては世界的シェアを誇り、ヨーロッパ、アジア、アメリカなどでも広く愛用されています。

  • 「暮らしにアイデアを」をテーマに多彩な製品を企画・製造。中でもキッチン用品は設計段階から女性デザイナーの視点を取り入れ、安全性と使いやすさに加え、女性に喜ばれるデザインの商品開発にも力を入れています。

  • グループ企業として、燕三条産ハウスウェアの企画販売に強みを持つ下村企販、海外販売拠点の下村香港有限公司、中国の製造および販売拠点の下村刀具有限公司があります。当社はこれらグループ企業との連携を強め、より一層お客様の期待にお応えできるよう邁進いたします。

下村工業 3つの強み

毎日の暮らしを、より豊かで快適なものにするために。
地元三条が世界に誇る鍛冶技術を、未来へと受け継いでいけるように。
私たち下村工業の「3つの強み」は、今までもこれからも、
お客様と社会に貢献していくための「3つの約束」でもあります。

下村工業の強み=「Made in 三条」

1. 長年の技が凝縮された高品質な刃物

刃物製造は私たち下村工業の原点であり、伝統の地場産業を継承する者としての誇りでもあります。鎌や鍬などの農具にはじまり、家庭用包丁、そして当時革新的であったステンレス包丁の新分野にいち早く参入。現在は、産業用精密刃物から世界ブランドのフードプロセッサーやキッチン用品まで、各種製品に当社の刃物が採用されるにいたりました。その一方で、三条刃物鍛冶の技術伝承のため、若手技術者の育成にも力を入れています。

今、市場が求める以上の刃物製品を生み出し続けること。それを実現するために、時代に合わせた「進化」と「深化」を続けていくことこそ、モノづくりに携わる者の使命であると私たちは考えています。

2. 自社製造だからできる高品質なプラスチック製品

業務用・家庭用を問わず、調理器においてプラスチックとの組み合わせは大変重要です。通常はプラスチック部品を外部から仕入れ、刃物と組み合わせるのが一般的ですが、当社は良質な国産材料を使用し、プラスチック部品を自社製造しています。多種多様なプラスチック部品を内製化することで、刃物との最適な組み合わせを実現しているのです。

これにより品質やコストパフォーマンス、納期対応の面でお客様のご期待に応えられることはもちろん、多品種小ロットの製造も可能となります。さらには蓄積したノウハウを応用することで、より便利でオリジナリティあふれています。

3. 信頼ある「Made in 三条」を生み出す対応力

当社は“モノづくり”企業として、設計デザイン・素材・機能性にいたるまで、お客様の幅広いニーズにお応えする「対応力」でも高い評価をいただいています。その背景には、今でこそ当たり前となっているPB(プライベート・ブランド)商品の開発に早くから取り組んできた実績があります。「このような商品は作れますか?」という各社からのオーダーに対し、試作と改良をくり返しながら、技術力や商品検証力を磨き、企画力やアイデア力を高めて参りました。

その根底にあるのは、「お客様に喜んでいただきたい」「使う人に長く愛される商品を届けたい」という想いです。その姿勢は、140年以上前の鍛冶職人の時代から変わることなく、現在の下村工業の現場にも脈々と受け継がれています。