OEM製品ができるまで

市場の要望やお客様の意向をヒアリングし、製品企画から製造まで、独自のOEMシステムを構築。
最新鋭の技術を使い、要望にそったモデルをデザイン・設計します。長年培ってきたノウハウをもとに、要求される機能を実現するため、素材特性や形状・構造の複合化をどのように行うか十分に計算しながらイメージを具体的な製品にしていきます。
「あ、こんなモノがあったらいいな」をカタチにします。ぜひ、お気軽にご相談下さい。

OEM製品の開発・設計の流れ

Step1ご要望をもとに打合せ

まずはお客様のイメージをお聞かせ下さい。それをもとに当社で打合せを重ね、サンプル製作に取り掛かります。当社実績サンプル、イメージ画像などで、作りたいアイテムのイメージや企画の進行、スケジュールの打合せをさせて頂く場合もございます。

Step2サンプル製作

Step1での打合せ終了後、イメージサンプルの作成に取り掛からせて頂きます。ご確認して頂きまして修正等がありましたらセカンドサンプルへの進行となり、最終仕様を決定していきます。

▼モデリング

■まずは社内でデッサン開始…

■スケッチを元にデザインから金型設計まで対応可能なCAD作成へ…

■その後、3Dプリンターを使用しサンプルが誕生。

3Dプリンター → モデルサンプル

Step3金型設計・作製

Step2でのサンプルをご確認頂きまして、仕様がまとまり次第、金型の設計・作製に入ります。できた金型を流動解析することで、より信頼性の高い製品をご提供いたします。

▼流動解析(プラスチック成型品)

Step4本生産

Step3でのサンプルをご確認して頂きまして、最終的な注意点や、納品スケジュール等を打合せさせて頂き本生産へと進行して行きます。
※納期等のご要望は柔軟に対応させて頂きますのでご相談下さい。

モデルサンプル   本製品

Step5検品・納品

Step3での本生産終了後は各工場で、ご要望の注意点等をクリアできているか厳しくチェックした後、最終納品となります。